IncubateFund

ABOUT US

First Round, Lead Position ”挑戦者”であり続けるベンチャーキャピタル

2010年の創業以来、総額337億円の資金を運用し、関連ファンドを通じて300社以上のベンチャー企業への投資活動を行ってまいりました。 インキュベイトファンドとしては、2010年の1号ファンド組成以来、総額170億円の資金をシードスタートアップへの投資活動を行い、特に過去5年間においては関連ファンドを通じた投資社数が120社を超えるなど、シード・アーリーステージの投資/育成において国内最大規模の実績を有しております。17年もの期間に渡り、ベンチャー企業の創業期において投資活動を続けてこられたのも、起業家の皆様やコミュニティとの信頼関係を構築し続けられた証だと思っております。 私達が大切していることに「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」というモットーがあります。 これは、私達も起業家の皆様と同じ目線でしっかりと経営・事業について考え抜くと同時に、事業を成長させていく中で訪れる大変な局面でも起業家の皆様が安心して事業に集中できるような良きパートナーでありたいと真剣に考えているものであります。事業の成長に必要な資金調達についても、リードインベスターとして起業家の皆様が事業に集中できるよう徹底的にサポート致します。 スタートアップの主役は起業家の皆様です。ベンチャーキャピタルは黒子に徹し、時に縁の下の力持ちとして時に共にスクラムを組んで、共に事業を創造していくことがハンズオン支援という言葉に集約されないインキュベイトファンドならではの起業支援だと思います。 また、より創業期に近い起業家との接点として、シードアクセラレーションプログラム「Incubate Camp」を2010年から運営をしております。 参加者の中にはMUGENUPやiettyのように当プログラムを経て大きく資金調達し急成長を遂げたスタートアップも多数あり、スタートアップの創業の場として着実に成果が出てきていると思います。 シリコンバレーにおいて、Y Combinatorや500 Startupsがそうであるように、今後は起業を考える全てアントレプレナーにとって、より事業の発射角度を上げていける登竜門的なプログラムとして社会インフラとなることを目指してまいります。 私達は、今後も「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」をモットーに、起業家の良きパートナーとして新規事業の創造・ベンチャー企業への投資/育成に邁進してまいります。
社名 インキュベイトファンド
所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
設立日 2010年
代表 赤浦 徹、本間 真彦、和田 圭祐、村田 祐介
インキュベイトファンド株式会社
〒107-0052
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F